habibi-traveller’s blog

--- No travel No life ---

-Egypt- エジプト Luxor ルクソール

朝7:30の列車にのり、アスワンからルクソールへ。
アスワンールクソールは列車で3時間ほどの距離。



移動の前日に切符を購入していたが、列車はすいていた。
のんびり外の景色を見たり、本を読んだりしていたらルクソールについていた。
さらっと読める沢木耕太郎さんのエッセイを読んで時間をつぶす。




時間もまだ早いので、宿探しからスタートする。
ルクソールでは熱気球や、周辺の遺跡を廻るツアーの拠点となるのでかなりの観光地。
駅につくなり客引きが大勢、街を歩いていても客引きがおおい。



初日は駅から歩いて近くの宿にした。
設備はかなり古びていたので、とりあえず1泊にした。
この宿ではWest Bank tourが安く手配してもらえると聞いていたので、
早速聞いてみると、US$5でアレンジしてくれた。
そして、今晩息子の誕生日だからケーキ食べにおいでとお誘いをうけた。



エジプトの誕生日ケーキ、気になる。




それまで時間もあったので、街中にあるルクソール神殿に行ってみることに。



f:id:habibi-traveller:20210314201945j:plain



すごく迎えられている気分になる道。
その反対側には、ルクソール神殿の名物オベリスク



f:id:habibi-traveller:20210314202023j:plain



時間も中途半端だったので、人も少なくゆっくりとみてまわれた。
ところどころ警官なのかセキュリティーがいたが、彼らがまたやっかい。
暇だから話しかけてきて勝手に案内始めたりと。。。
さすがエジプト、そして観光地はやはり観光客なれしている。



明日移動できそうな、宿を数件みてまわって、本日の宿に戻ることに。
戻るとちょうど、オーナーの息子の誕生会っぽくなっていた。
学校に通い始めたくらいのやんちゃな、かわいらしい子だった。


ケーキはホールケーキで、チョコレートががっつりとコーティングしてあり
上にはフルーツが山盛り。
見た目はすごく甘そうにみえたが、食べてみるとそこまで甘くなくおいしかった。



食べさせていただいた分は、お祝いと、息子相手にめいいぱい、自分がつかれるまで遊ぶ。
子供の体力、創造力、はすごいなと感心させられた。



今回ルクソール初日にお世話になった宿、オアシス。



www.booking.com




駅から近いのと、ツアーを安く手配してくれる。
部屋は、寝るだけならまずまず。
オーナーが親切。
朝食はなしだけど、家族の分を買いに行くついでに
自分の分も買ってきてくれたありがたく頂いた。
買いに行く前に、ファラフェルのサンドは好きかも聞いてくれ、そこにも優しさを感じた。
オーナーの奥様も、素敵な方で
ルクソールにいる間はいつでもお茶のみに遊びに来てねと、優しい方だった。
お言葉に甘え、何度か立ち寄っておしゃべりしたり息子さんと遊んだりした。
ルクソールを出る日には、息子さんからプレゼントもいただいた。



本当、心が温かいファミリーだった。

-Egypt - エジプト Abu Simbel アブシンベル神殿

昨日のうちに予約したアブシンベル神殿へのバスツアー。



Pick-upがなんと朝の4時。。。
何件か宿を回り人を乗車させていっぱいになったところで出発。
だいたい3時間くらいかかるようなので、寝ることに。


宿の方から朝食BOXをもらっていたので、
一眠りして起きたところでいただくことにした。
出発したときは真っ暗だったけど、朝日ものぼり外は明るくなっていた。



バスツアーといっても、行きと帰りのバスのみなので、
アブシンベル神殿についたら後は自由。
時間も2時間くらいあるので、じっくり見れそうだ。


帰りのバスの出発時間だけ聞いて、いざチケット売り場へ。


バスがだいたい同じ時間で到着するから、チケット売り場も少し混雑していたが、
自分も含めツーリスト達はきちんと並んで待つので、すんなり購入できた。


さてアブシンベル神殿はWikipediaによると、

1960年代、ナイル川にアスワン・ハイ・ダムの建設計画により、水没の危機にあったが、ユネスコによって、国際的な救済活動が行われた。
1964年から1968年の間に、正確に分割されて、約60m上方、ナイル川から210m離れた丘へ、コンクリート製のドームを基盤とする形で移築された。
現在ではアスワン・ハイ・ダムの建設によってできた人造湖のナセル湖のほとりにたたずんでいる。
この大規模な移設工事がきっかけとなり、遺跡や自然を保護する世界遺産が創設された。


のようなことがあったらしい。




f:id:habibi-traveller:20210423203028j:plain



まず入り口から少し歩いていくと巨大な岩なのか丘なのかが見えてくる。



f:id:habibi-traveller:20210423203319j:plain



正面から見ると大きさがよくわかる。



f:id:habibi-traveller:20210423203109j:plain



王の横に寄り添うように王妃がいるのがなんとも微笑ましい。



f:id:habibi-traveller:20210423203241j:plain




王が座る椅子の装飾は横から見ても立派。



f:id:habibi-traveller:20210423203410j:plainf:id:habibi-traveller:20210423203147j:plain



内部は豪華な感じ。



f:id:habibi-traveller:20210423203549j:plainf:id:habibi-traveller:20210423203503j:plain



ここまで大きなものをよく移築し、公開までもっていってくれたなと感謝。
現在の神殿はナセル湖に囲まれるようにあり、周りにはなにもないけど、
静かで素敵な場所だった。




また3時間かけて、アスワンへ戻る。
もう少し、のんびりしたい気持ちもあるけど、次の街へむけて明日移動しようとバスの中で考えながら帰る。


アスワンは14時ころに戻ってきたが、ランチを食べてないのでお腹がペコペコ。


駅にいくのは後回しにして、お昼ごはん。
ちょっと贅沢に川沿いのレストランに入る。
時間がおそかったので、お客もなくほぼ貸し切り。
レストランのスタッフも暇だったようで、話し相手になってくれた。


思ってたより話し込んでいたようで、気づいたら夕方近くになっていた。



明日もアスワンに泊まってしまうか、悩んだけど、先に進むことに。
駅に行き、ルクソールまで切符を買うことにした。
明日の朝、早い時間の汽車に乗りたかった。
当日チケットがなくなっても困るので、前日購入。


駅はおもってたより込み合っていて、切符を買うのも一苦労しそうな様子。
外国人それもアジア系。女性。となると立場が弱い。



切符売り場の目星をつけて、そこに向かい人が動く波に乗っかってみる。

ローカルの人たちに混ざり進んでいくと、

一人のおじさんが、アラビア語でなんか言って、自分の前に入れと守ってくれた。



なんと親切。


こんな時もっと現地の言葉を覚えておくんだったと思う。




自分が知っているアラビア語のシュクランでお礼を言い。
少し待つと自分の番がきた。


行き先を告げて、時間の希望も同時に伝える。
席はあるようなので、購入することに。


切符を発券してもらい、そこに料金が書いてあるので確認してから払う。
大きいお金はあったけど、細かいお金がちょうどきれてて、
1ポンドたりなかった。


それをみていた後ろの親切なおじさんがまたヒーローに。
後ろから1ポンド出してくれた。


アラブ人の優しさをまた感じた。


シュクランジャジーランと心からお礼を伝えるが、おじさんとしては、いつものことのようで、
気にするなって感じだった。
それが当たり前にできる人なんて、なかなかいない。


旅に出ると助けてもらい、親切を受けることが多々ある。
それを心に受け止め、自分が逆の立場になったときに別の人にお返しできたらと思う。




切符も何とか無事に購入できたので、明日はルクソールへ。

-Egypt- エジプト Aswan アスワン

宿もきまり、アブシンベルのツアーの予約もできたので、街を見てみることに。
ナイル川沿いに出てみると、


f:id:habibi-traveller:20210423202410j:plain


ナイル川クルーズ船があちらこちらに停泊している。
そして川の向こうに何か丘のようなものと建築物が見える。


f:id:habibi-traveller:20210423202520j:plain


河岸を歩いてみるとフェリー乗り場があったので、
乗船してみることに。
やはりイスラム教の国。
男性と女性とで座るポジションが
何となくわかれているのが空気間で伝わってきたので従う。


f:id:habibi-traveller:20210423202442j:plain


砂漠の中にポツンとかわいらしい色使いの建物がある。
近くのおじさんが川を渡ってきたらこちら側はヌビア村だよと教えてくれた。
お茶にしようといわれるが、丘の上見てからね~と別れた。


f:id:habibi-traveller:20210423202916j:plain



てっぺん目指して歩き出す。



f:id:habibi-traveller:20210423202600j:plainf:id:habibi-traveller:20210423202640j:plain



そしてこの眺め。



f:id:habibi-traveller:20210423202716j:plain



砂漠の茶色、川の青、木の緑となんだか映える。


f:id:habibi-traveller:20210423202751j:plainf:id:habibi-traveller:20210423202834j:plain




ここの番人が中見せてあげると案内してくれたので、普段鍵をかけているところを見せていただく。
内部は意外としっかりした遺跡になっていた。
チップも要求されることなく、見せてくれたことに感激し、逆にお礼として渡した。
それが作戦だったのかな~とあとで思ったり。


丘の上の景色にも満足したので、丘を下りミントティーを何杯かいただき、
談笑したり、のんびりとした時間を過ごす。、
目の前の支流では子供たちが遊び、大人は野菜を洗ったりと、川と生活の結びつきを感じられた。
アスワンでは川を挟み生活様式や、部落もだいぶ異なるとの話だった。
対岸のヌビア側でのんびりとそこに住んでいる人たちの生活に触れながら滞在するのもよいなと感じた。





フェリーに乗り街にもどり、川沿いを歩いていると、ファルーカどう?
と声をかけられた。
川沿いにたくさん泊まっている木造の帆船のことらしい。
お腹がすいていたので、まずは近くのおいしい食堂を教えてもらい遅いランチをとりお腹を満たす。



食べながらファルーカの話を聞くことに、



風をうけて走らせる船であること。
ボートの装飾は自分で全部やっているとのこと。
今日の風はファルーカ日和とのこと。
川の中州にある島などが見れるとのこと。
これから船を出したらちょうど夕陽の時間になるとのこと。



この後の予定も特にないので、誘いに乗ってみることにする。




ファルーカに実際乗ってみると、意外としっかりした船だった。
ファルーカで川を下っていき所々で、キャンプしていくツアーもあるらしい。
その時の荷物が全部詰めるくらい、しっかりした船で驚いた。



風にのって進むので速度も心地よく、風も気持ちよかった。
キャンプツアーは楽しそうなので、機会があったらぜひ参加してみたい。
川で見る夕陽は格別だった。
その時間はあちこちにファルーカが見られた。




f:id:habibi-traveller:20210423202951j:plain

-Egypt- エジプト Nile Express 寝台列車

ギザのピラミッドも、無事に見学できたので、次の目的地アスワンへ向けて移動開始。


f:id:habibi-traveller:20210423202334j:plain



ギザの宿から駅までは送ってもらうことにした。
時間的に渋滞の時間だから少し早く出たほうがよいとのことなので、そうしてもらった。
確かに途中、全く車が進まなくなった。
その中ほとんどの車の運転マナーが良くない。
よく事故にならないな~と冷や冷やしてしまう。



アスワンへは寝台列車Nile Expressで移動することに決定。
ちょっと高いかなとも思ったけど、食事2回と1泊分の宿、移動費と考えることにした。



ギザの駅で前日にチケットを購入しておいたので、当日は列車に乗るだけ。


20時頃の電車のはずだけど、待てども来ない。
椅子がある待合室をみつけたので、そこで待たせてもらうことにした。
列車が入ってくるたびに念のため確認し、やっと自分の列車が来た。



チケットを車両ごとの担当スタッフに見せて入れてもらうと、相部屋で購入したが、
シングルに変更してくれていた。
ありがたく、のんびりと使わせてもらうことに。



少しすると、ノックされて食事の配給。

f:id:habibi-traveller:20210423202120j:plain



見た目はよくないけど、美味しくいただいた。
夕ご飯を食べ損ねていたので、それも重なり、美味しかった。



食べ終わると片づけをしてくれて、ベットメイクを係りの方が行ってくれる。
至れり尽くせり。

f:id:habibi-traveller:20210423202230j:plain


こちらの座席が、


f:id:habibi-traveller:20210423202303j:plain


こんな感じに。



本を少し読んでから就寝することに。

今回の旅のお供は、沈まぬ太陽山崎豊子さん。
読んだことなかったけど、母お勧めの作家さん。
どっしりとした作品で、旅の隙間に夢中になって読むことができた。


列車は、寝心地もとてもよく、気づいたらぐっすり。
列車からの音と、心地よい振動で良く眠れた。



ノックの音で、目を覚ましたら、朝食の配給。


f:id:habibi-traveller:20210423202152j:plain


さすがに、全部のパンは食べきれなかったので、持っていくことにした。
紅茶お替りいる?ときかれたので、お願いし、
少しのんびりしたらベットの片づけに来てくれた。



その時になぜか紅茶代を請求された。



1杯は無料だけど、お替りは有料とのこと。
なるほど~。やるなと感心。
頼んだし仕方ないので支払う。


その後、間もなくしてアスワンに到着。



到着後、駅から歩ける距離で宿を探し出す。
朝早く到着できるから、今回宿は予約をしなかった。


何件か部屋を見せてもらったり、料金を聞きながらまわり
ロケーションも便利で、部屋の雰囲気もよい
Cleopatra Hotelに落ち着いた。


ここまでたどり着くのに道でいろいろな人に親切にしてもらった。
さまざまな宿の場所を聞いたりしては教えてもらい、
なかには途中まで案内してくれた人もいた。
お金請求されるかな~と思ったけど、そんなことは一切なかった。



部屋もすぐ入れるとのことだったので、
ついでにアブシンベル行きのツアー手配できるかフロントで確認し
空きがあるとのことで、早速次の日で予約してもらった。


ここまで済ませたらもう一安心。
荷物を置いて、街へ散策しに。



今回2泊お世話になった。
Cleopatra Hotel


www.booking.com


おもしろかったのは、朝4時のツアーだからモーニングコールいる?と聞かれて
頼んでみたら次の日フロントスタッフから直接Good morning~と
電話がかかってきたのは少し驚いた。
部屋は綺麗で、快適に過ごせた。

-Egypt- エジプト Pyramids ピラミッド

f:id:habibi-traveller:20210314195605j:plain



エジプトに旅するまではピラミッドに興味関心が正直なかった。
こんな階段のかたちをしたステップピラミッドの存在自体知らなかった。



ギザから車でサッカラ(سقارة、Saqqara)へ半日くらい見て回る。
人も少なく見学するのには助かった。
ピラミッドの中に入れるものもあったので、興味津々で中へ。



f:id:habibi-traveller:20210418163827j:plain



狭い入り口を中腰になりながら、そのままの体制で進んでいくと



f:id:habibi-traveller:20210418163910j:plain



棺がある真ん中の部分につながっている。
壁にはヒエログリフでいろいろと書き残されている。
その人の功績や人物像なのか、親族からのメッセージなのか。
想像してみるだけで楽しい。


次の日にギザのピラミッドに行こうと思ってたので、サッカラのピラミッドは良い予習になった。
時間があればギザのピラミッドより邪魔されずに見学できるのでサッカラのピラミッドはおすすめ。



サッカラでの予習も終わったので、次の日は朝からギザのピラミッド見学へ。

宿のすぐ目の前がスフィンクスゲートとなっていたのでそこから入場することにした。
ピラミッドの中は昨日無料で見れたので、お金を払ってまでまた内部へ入る気もなく入場券だけ購入した。


入口付近で声をかけてくる自称ガイドの方たちは軽くあしらい、
ラクダらくだと寄ってくる方たちも自分の足で見て回る予定だったのでお断りして進んでいった。

f:id:habibi-traveller:20210314195652j:plain
f:id:habibi-traveller:20210418164511j:plain


写真で見ると大きさはわかりずらいが、近くでみたら巨大。
一つの石が自分の身長ほどあるように感じた。
ピラミッドを間近で見ると誰もが感じる疑問だと思うけど、
どうやって積み上げたんだろう。
石は川で運ばれてきたとしても、そこから運んで積む作業を人力で。


そんなことを考えながら、3つのピラミッドが見渡せるところまで少し離れてたけど歩いてみることに。

f:id:habibi-traveller:20210314195758j:plain

途中かわいい子犬に励まされ、到着。

f:id:habibi-traveller:20210314195941j:plain

遠くから見てもピラミッドの存在感は半端ない。
と実感できた。
実際は街のちかくにあるピラミッド。なんでこの場所にしたんだろう。

f:id:habibi-traveller:20210418164545j:plain


答えの出ないピラミッドの謎を考えなが歩いてたらスフィンクスまで戻ってきた。
その間にも何度となくラクダ使いの誘惑や、写真一緒に撮ろう攻撃、子供達に囲まれたりとエジプト人は押しが強い。
そんなやり取りも楽しみながら見学終了。

f:id:habibi-traveller:20210418164414j:plainf:id:habibi-traveller:20210418164620j:plain


ガイドさんをつけずに個人で歩いて見る方は敷地が広いので、水の持参はお忘れなく。
そして日差しも強い。日陰あまりなし。
朝8時30頃からスタートし12時過ぎくらいには十分見て回れた。

f:id:habibi-traveller:20210314200252j:plainf:id:habibi-traveller:20210314200016j:plain


今回宿をギザにしたのは、正解だったと思う。
カイロからピラミッドまでは騙されそうなトラップが道中ところどころあるようで、
実際話をきいたらピラミッドに到着するまでに精神力と体力を使い、
ピラミッドに入場してからもトラップを潜り抜けるのに苦労する。


それも旅の楽しさだろうが、中にはかなり悪徳なものもあるので油断も隙もできない。



体調不良から始まったギザには結局3泊。


ピラミッド見終わたので、次の場所へと移動開始。
宿へ戻りのんびりリフレッシュし、その日のうちに夜行列車でアスワンへ。



はたして最新の科学でピラミッドの謎は解けるのか。
謎のまま残してほしい気持ちもあるが。

-Egypt- エジプト Giza ギザ

10/28/2019 ヨルダンからエジプトへ飛行機で移動。


エジプト航空を利用しておよそ1時間30分で、アンマンからカイロへ。


ヨルダン最終日の夕方から原因不明の体調不良、発熱と上から下からと、とまらない。
フラフラの状態での移動となってしまった。
空港についてからも飛行機を待ってる間、椅子で横になった途端に寝落ちする。
そして飛行機はガラガラだったから一番化粧室に近い席をお願いした。
搭乗して席に着いたとたんに眠りに落ちたようで、せっかくの機内サービスも食べれずとなってしまった。


最初の宿はピラミッド間近のギザの宿を予約しておいた。
2泊とると空港からのピックアップがついていたので、お願いをしておいたが、

空港出口から外にでても見つからず。

手荷物を受け取った際、ずっと愛用のザックカバーが今回無くなりがっかり、
そして体調不良、自力で移動する気力もわかないのでしばらく待つことにした。


待つこと30-40分。
それらしい感じの人が歩いてきたのを見つけたので、話しかけてみると警察に捕まってて遅くなったんだと笑顔。
それなら仕方ないか~と思うことにした。


車での移動は順調で、運転手の方と世間話して景色をみていたら宿についた。
食欲もなく、フラフラ、クタクタで体調不良だと宿の方には伝え、すぐに部屋に案内してもらった。


その後夕方頃まで爆睡。
目が覚めて、外の風をあたりたく屋上のテラスにいってみると。この景色。


f:id:habibi-traveller:20210418163629j:plain


ザ、マジックアワー。空が様々な彩でピラミッドが目の前。


見とれていたら、宿の人が何か飲む?ときてくれた。
温かい紅茶をいただき、しばらく眺めて部屋に戻り就寝。


次の日も体調が戻らず、基本部屋で寝て過ごす。


まだお金の両替に行けてないので近くの銀行を教えてもらい両替だけ出かけた。
銀行でヨルダン・ディナールからエジプト・ポンドに。
日本円もついでに少しかえておいた。
時間帯がわるかったのか、運がわるかったか40分以上かかった。


薬屋さんも教えてもらい寄ってみることに。
自分の症状を話すと薬あるよと見せてくれて、値段は高くなかったが、
もう1日たって体調が変わらなかったら買いに来るね~とお礼を言ってでた。


まともな食事をしてなかったので、夜はスープだけ頼み
屋上のテラスでピラミッドのライトアップの風景を見ながらいただいた。
温かいスープは身体にしみわたりおいしかった。

f:id:habibi-traveller:20210314195226j:plainf:id:habibi-traveller:20210418163740j:plain



ピラミッドは街にあると聞いてはいたが、近い。
宿の屋上テラスでは日々移り変わる景色が楽しめる。
朝、昼、夜と違う景色。
滞在中毎日見てても、飽きなかった。非日常な風景。



今回ギザでお世話になったのは


Pyramids View Inn

www.booking.com



ピラミッドのすぐ前のロケーションで選択。
スタッフもフレンドリーで話しやすい楽しい人たちだった。
自分が宿泊した部屋は静かで快適に過ごせた。


ピラミッドビューの宿はピラミッドを囲むようにあるから、
ギザ到着後お気に入りを探してもよいかもしれない。
ハイシーズンでなければ予約してなくても泊まれそうだなと感じた。

-Egypt- エジプト


最後に行った旅がエジプトとなった。


次の仕事が始まるでまとまった休みが取れたので、
タイ ー ネパール ー ヨルダン ー エジプトとまわってみた。


エジプト Egypt
ヨルダンからアクセスが良くて、すぐに行けそうな国を考えたとき
エジプトが真っ先に思い浮かんだ。今まで全く興味がなかったが。
アカバからフェリーもあるようなのでフェリーも楽しそうだなと。


さて、エジプトといえば


ピラミッド、スフィンクス、ミーラ、豪華客船でのナイル川クルーズ、
古代文字、吉村作治さん、スエズ運河クレオパトラ古代文明
アラビア語圏、イスラム教、反体制デモ、世界三大うざい国


ぱっと連想できるものが意外とある。






そして地図を見てみるとナイル川にそって街があるのがよくわかる。
水は繁栄のために欠かせない大事なものなんだと。



ここで今回自分が訪れたメインの街は、



ギザ ー アスワン ー ルクソール ー カイロ



北から南、南から北に主要観光地を移動していくルートにした。
バス、列車を利用して陸路での移動。
ナイル川クルーズに心がとても惹かれたが予算的に断念。



ざっくりだけど、街と街との移動は


カイロ国際空港からピックアップカーでギザへ。

ギザから寝台列車でアスワンへ。

アスワンから列車でルクソールへ。

ルクソールから夜行バスでカイロへ。


f:id:habibi-traveller:20210412193141j:plain

想像力を掻き立てる象形文字ヒエログリフ


28/OCT/2019 - 13/NOV/2019
the Arab Republic of Egypt
Arabic: مِصر Miṣr